お知らせ
住宅ローンの審査否決 2022/04/08

フラット35ってどんなローン?

今日フラット35について解説していきたいと思います!

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供している全期間固定金利の住宅ローンのことです。
フラット35の「フラット」は金利がフラット、つまり完済まで金利が変わらないということです(^o^)
審査が通りにくい人でも審査基準が低くなているので通りやすく、ローン審査に不安な人はフラット35がおすすめです。

メリットとして

・最長35年となる返済期間中の金利が変わらない固定金利型
・金利が上昇しても影響がない

などがあります。
国がバックアップすることにより、民間の金融機関の全期間固定ローンと比べて、フラット35の金利は低く設定されています。
勤続年数による制限もないため、転職して年数が経っていない場合でも借入が可能です!
また、多くの住宅ローンで必要な保証料がフラット35では不要となっています。
資金面に不安があっても家を建てるハードルを低く設定できるという点でもフラット35の大きなメリットといえるでしょう(*^^*)

フラット35のデメリットとして
変動金利型と比較すると月々の返済額や、総返済額が高くなります。
変動金利型と比較すると、フラット35のほうが金利が設定されていることが理由です。
ただし、変動金利型は金利が上昇すると、返済負担額も変わってきます。
将来、金利が上昇した場合は、変動金利型のほうが、総返済額が高くなってしまいます。

フラット35を利用するには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

・住宅の床面積が「一戸建ての場合、70㎡未満」「マンション30㎡未満」
・建築費または購入価格が、100万円未満
・建築費または購入価格が8000万円を超える
・店舗、事務所などの業務専用建物の建築費
・借入金額が15年よりも短い(申込本人が満60歳以上の場合は、10年より短い)
・申込時の年齢が万70歳以上
誰でも利用できるわけではないということは認識しておきましょう(^^)/

<フラット35が向いている人>

・将来のライフプランを確立したい人
・金利が上昇するリスクを避けたい人
・収入が低い人や会社員ではない人
・健康状態に不安がある人

住宅を購入するときに最も重要視されるのが「資金計画」です。
できるだけお客様に有利になるように検討し、お客様にあったローンを一緒に選んでいきましょう(^^)

PAGE TOP