お問い合せ

電話でご相談

お問い合せ

電話でご相談

熊本のローコスト住宅メーカー・アークプラン

住宅づくりコラム
2024/02/19

【建替えの時期】快適な住み家を求めて

みなさん こんにちは、ローコスト住宅アークプランです。

家の建替えについてお話しします。

■建替えを考える?
基本的に建物は、リフォームをしない限り老朽化していきます。老朽化と言っても外壁や家の設備等になります。各家庭ではライフスタイルの変化によって、間取りが使いにくい状況になるケースもあります。
これまでの家の作りに、リフォームでは改善出来ない場合や築年数が経ち過ぎて使えない設備が出てきたりすると建替えを考える必要があります。
昨今では、地震や災害等の増えてきていて旧耐震基準では、倒壊のおそれがある家もあります。老朽化そのものと言う問題ではない躯体の問題になれば、耐震補強工事は欠かせません。
費用の面やこれから長く住むことを考えると建替えの方がメリット高いと言えます。

○建替えを検討するタイミングとは

・ライフスタイルが変化(家族構成が変わる)
・家の老朽化(外壁・キッチン浴室トイレ設備の劣化)
・耐震性能(耐震基準が古い)
・子ども部屋が必要になった
・両親と同居で手狭になった
これらの状況に当てはまる場合に、建替えが必要になると考えられます。

□リフォームを行う目安
10年・20年・30年と徐々に何等かの改修が必要になりますが、基本的な目安は30年と言われています。30年後にどの程度リフォームを行うかで、建替えするかどうかが決まります。今の設備等は整備して使い続けることも可能で、長期的に使っても問題ない商品が多いようです。この考えは車と同じことで、家も大切に使えば長持ちしていきます。
ただ築30年経っている家は、昔の基準で作られていて耐久性に優れていなかったりする為、新しく建て直すケースが増えてきています。
私たちアークプランでは、リノベーション工事も請け負っておりますが、リノベーションの相談から建て替えになるケースも多いので、長く快適に過ごしたい方は建替えが良いのかもしれません。

家を建て替える場合は一度引っ越しをしなければならず手間もかかりますが、ライフスタイルの変化で住みにくい家になるよりは絶対建替えが快適だと思う方が多いようです。

家の建替えの基準についてお話ししました。

建替えの相談も受付ております。
ご不明な点があれば、ご相談ください。

PAGE TOP